金利と審査は関連しています|どこで借りるか迷ったら、迷わず比較!カードローンはしっかり比較!

金利と審査は関連しています

紙幣と硬貨

銀行と消費者金融が行っているカードローンは、貸付を行なうシステムが元々異なります。消費者金融は、貸金業法に基づく総量規制の影響を受けるので、年収の1/3以内となるように常に個人信用情報機関へ情報照会を行いながら慎重な貸付を行う必要があります。 銀行カードローンならば、独自の判断で銀行法に基づく貸付を行えるので、審査次第では年収の1/3を超える貸付も可能です。共通して適用される法律として、利息制限法があります。貸付残高が大きくなるほど、段階的に上限金利が厳しくなっているので、利用可能枠が大きいほど低金利で借りられるわけです。銀行カードローンについては、保証会社を付けた契約を行なう関係上、上限金利よりも遥かに低い金利で貸付が行われることがあります。

銀行カードローンを利用する際には、保証会社としてどの金融業者が指定されているのか確認しておくと良いでしょう。なぜなら、信販会社や消費者金融が保証会社として指定されていますが、実質的な審査を保証会社が行っている現状があるからです。過去にトラブルがあった金融業者が保証会社に付いていると審査に通る見込みが薄くなります。 カードローンの申し込みを行なう時には、実質的な審査をどの金融業者が行なうのか確認しておくだけでも、リスク回避が可能です。大手消費者金融のカードローンでは、審査自体を外注に出しているケースが多いので、同時申し込み時に同じ審査会社が担当しないように注意するだけでも、厳しい審査を避けられるので審査通過率が変わるでしょう。